ダイエット効果

腸内環境がダイエット効果に与えるメカニズム
日頃の食習慣や運動量、遺伝など様々な要素で太りやすいなど体質が決まりますが、腸内環境も重要な要素となります。
アメリカの研究では太っている人の腸内細菌と、痩せている人の腸内細菌を各マウスに移植したところ、1ヶ月同じ食事量・運動量で比較すると太っている人の腸内細菌を移植されたマウスは、痩せている人の腸内細菌を移植されたマウスよりも脂肪量が多い結果となりました。

痩せている人の腸内環境の特徴

  • 痩せている人の腸内は多種多様な細菌で腸内フローラが形成されている。
  • 痩せている人の腸内には短鎖脂肪酸の物質が豊富である。

短鎖脂肪酸とは
油脂を構成する成分で、6個以下の炭素が鎖のようにつながった構造をしているものを「短鎖脂肪酸」という。
短鎖脂肪酸は外から取り入れられるものではなく体内で産生される成分で、食物繊維などヒトの消化酵素では分解しきれなかったものを腸内細菌が発酵分解して産生されます。

人の腸内細菌が産生する短鎖脂肪酸は酢酸、酪酸、プロピオン酸などで、それを産生する代表的な腸内細菌は日和見菌であるバクテロイデス類です。

短鎖脂肪酸のほとんどは大腸粘膜より吸収され臓器を活性化させるエネルギー源になる他に肥満の防止に役立っていることが近年の研究で明らかになっています。

ダイエット効果を含むサプリメント
サプリメント【効果成分解析】

炭と菌の生酵素生活のサプリ効果成分解析

サプリメント【効果成分解析】

腸活革命 菌と酵素の新習慣のサプリ効果成分解析

サプリメント【効果成分解析】

菌トレ習慣のサプリ効果成分解析

タイトルとURLをコピーしました